実際にトヨタタンクを購入した際の値引き情報

トヨタタンク、ルーミーの値引き相場、限界値引き情報

トヨタタンク、ルーミーの2017年6月現在の値引き相場と限界値引き額

・値引き相場は15万円

・値引き限界は25万円

タンク、ルーミー共に商談の序盤では10万円の値引きまでという提示をされるケースが多いようです。

ここから更に話を詰めていくと15万円までの値引きはなんとか引き出せるといった印象です。

これ以上の値引きとなると、競合車の値引きが大きい事やタイミングを決算の時期等見計らう必要があります。

いずれにしても難易度は中程度の商談なので焦らずに値引きの交渉をしていきましょう。

タンク、ルーミーの値引き交渉ポイント

商談の際に営業マンから上手く値引きほ引き出すにはどういった部分に考慮するべきなのかポイントをまとめておきます。

・タンク、ルーミーを本当に検討していると思わせる必要がある。

→購入する気の無い方にわざわざ値引きをしてあげようと言う気持ちにはなりませんので、タンク、ルーミーの購入を検討している事はしっかりと伝えましょう。

・クレーマーにはならない

→誰でもそうだと思いますが、クレーマーに気持ちよく値引きをする営業マンはいません。相手の営業マンの態度が悪ければ別ですが気持ちよく商談を進めるようにしましょう。

・時期をよく考える

→値引きの商談窓口は営業マンです。

ある程度時間に余裕があれば一度目の訪問の際に連絡先を伝えて営業マンから連絡がくるのを少し待ってみるのも手です。

連絡が入った時には見込み客から一台出したいと言う思いがある可能性がありますので、値引きの交渉もしやすくなります。

トヨタタンク、ルーミーを安く買うには?

タンク、ルーミーは車両本体価格がそこまで高額ではない車種となっており、値引き金額もそろそろ落ち着いてきております。

ここから年内に掛けて限界値引きは30万円までは上がる予想は出来ますが、時期を見計らう必要があります。

車両本体とオプションの値引き金額は限られておりますので、現在愛車をお持ちの方であればディーラーの下取り価格と買取業者の買取価格を競合させて愛車の金額を適正な金額で手放す事が理想的な購入手段となります。

下取り価格は基本的に買取価格よりも低くなります。

①ディーラー下取り→中間マージン発生→買取業者、オークション→中古車販売、オークション出品

②買取業者→中古車販売、オークション

見ていただいておわかり頂ける通り、①では中間マージンが発生します。

これはディーラーが手数料としていくらかを利益とします。

②を選択することで、このマージンが取られずに適正な金額で手放す事が出来ます。

何よりもこれから手放す車の相場を知らずにディーラーで下取りすることは数十万円の損をする可能性がありますので一度相場の確認をしてみてください。

特にこれまでディーラーの下取りしかした事のない方は多くの金額を損している可能性がありますので今回は損のないように上手に車を購入しませんか?

今ではネット査定をされる方が増えており、この方々の買取金額に対する満足度は非常に高くなっています。

この事はディーラーの営業の方も認めておりますので、間違いありません。

ズバリ値引きと愛車買取という方法が一番安く買う事が出来る!

結局の所タンク、ルーミーを購入するタイミング一つで色々な金額が変わってきます。

言うまでもなく値引きの金額+自分の車の査定額の合計が一番大きくなるのが一番安く購入する方法です。

例に挙げると仮に値引きが20万円だったとしても下取りが10万円だと30万円がタンク、ルーミーの総額から惹かれます。

もしこの下取りが買取をした場合に20万円だとしたらどうでしょうか?

30万円のトータル値引きから40万円の値引きに変わります。

この金額は大きいですよね?

大きな買い物なのであまり実感は無いかもしれませんが、10万円違うと言う事はローンを組んだ場合も金利がその支払いに対して乗っかってきたりします。

車の購入はあまり頻繁にある訳では無いと思いますのでこの期に出来る限りの手を尽くしてみませんか?

先ずは国内トップクラスで利用されている比較サイトで相場の確認をしてみてください。

誰でも簡単、1分あれば完了します。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.